澤西祐典「文字の消息」

三つの短編小説から構成されている 表記の話はひとつめ、三つの中でも特に緻密に描かれている 広告 // 文字の消息 砂糖で満ちていく 災厄の船 シュールな世界観 文字の消息 「文字の消息」は「文字」によって汚染されていく日常が描かれている 文字通りの「…

「たった1分ですっきりまとまる コクヨのシンプルノート術」

ロクに実践もしないくせに手帳術だとかノート術だとかを読むのが好きなので、表記の本を読んだ 広告 みんな字がうまい 文房具のこだわり 肝心のテクニックについて 見てるだけで楽しい みんな字がうまい 本著はコクヨ社員のノートを100選、ご丁寧にも写真…

円城塔「世界でもっとも深い迷宮」など

短編を3つ読んだ 世界でもっとも深い迷宮 (Kindle Single) posted with カエレバ 円城 塔 2016-11-13 RPG(中でもオンラインゲームの様相を呈している印象を受けた)をメタ的に捉えた作品 読み終えた後恐る恐るアマゾンや読書メーターのレビュー欄を読んだ…

古市幸雄「1日30分を続けなさい!人生勝利の勉強法55」

人生に勝利したかったので表記の本を読んだ 広告 1日30分とか言うから嬉々として読んだのに 「勉強」は学習に限らず 一度の学習量よりも継続できるか 身銭を切れ 途中からなぜか英語の勉強本に できなくはない 1日30分とか言うから嬉々として読んだの…

江戸川乱歩「黒蜥蜴」

高校生か中学生の頃ぶりに再読した やっっぱ江戸川乱歩、最高である 神 ゴッド ゴッデス イエイ 広告 // 女盗賊 明智小五郎もにくい 明智と黒蜥蜴の応酬 ロマンスもバッチシ 娯楽小説極まれり 女盗賊 いやいやいや……、女盗賊、最高でしょ 「黒蜥蜴」の完成さ…

岡田斗司夫「あなたを天才にするスマートノート」

天才になりたかったので表記の本を読んだ Kindleで 筆者の名前にOH……となったが、存外普通のことが書いてあって安心した(普通は褒め言葉ではないのかもしれないが、褒め言葉のつもり) 広告 // 最近ノート術なるものにはまっている 天才とは ノート術の仔細…

AI vs 人間

ディストピア系SFが好きだ 広告 有名どこでいうと、「1984年」、「アンドロイドは電気羊の夢を見るか」、「時計じかけのオレンジ」なんかは擦り切れるほど読んだ と言えばカッコイイが、自我もまともに形成されていない知見もロクにない中高あたりからの…

電子書籍が大好き

消費者として、電子書籍が大好きだ。 広告 手をどこに置いてもいい ページをめくるストレスがない メモが楽に取れる 検索が楽にできる 紙の本より安い 在庫切れが発生しない ページ数を気にせず読める 最後に 手をどこに置いてもいい 個人的に、読書する上で…

アイザックアシモフ「ミクロの決死圏」

別サイトに載せていた文を加筆し流用 広告 星新一や筒井康隆オタクではありつつも、大巨匠アシモフも。 われはロボットやファウンデーションシリーズはどうしたよと私の頭の中のSFオタクがさんざめくが、こちらの生理学主軸のSFも中々。 縮小法、という物体…